更年期障害

更年期障害 女性

女性の更年期は、女性ホルモンが減少閉経を迎える前後の期間。個人差はありますが、だいたい40代半ばから50歳までといわれています。
この時期にホルモンバランスの乱れによって、肉体的・精神的に不調となるのがいわゆる更年期障害、自律神経失調症のひとつです。
その主な症状は、体・顔がほてる、突然大量の汗をかく、動悸・めまい。ふらつき・耳鳴りが起きる、体がいつもだるく疲れやすい、いつもイライラしている、物忘れが増えてきた、不安感が大きい、うつになるなど。
思い当たることがあるあなた、症状が重くなる前に病院に相談しましょう。軽い症状であれば病院で治療を受ける必要はないかもしれませんが、この判断を自分で行うのはよくありません。医師に判断してもらうのがベターです。

更年期障害 男性

男性にも更年期障害があると知っていましたか?知らない方のほうが多いでしょうね。
主な原因は、加齢による男性ホルモンの減少。それにストレスや運動不足、太りすぎといった生活習慣も原因となります。
主な症状は女性とほとんど同じ。ほてりやのぼせ、汗をかく、不眠、肩こりといった肉体的症状と、不安感、疲労感、抑うつ感といった精神的症状が出ます。男性特有な症状として、性欲の減退、EDなどがあります。

更年期障害 漢方

漢方は体ぜんたいにはたらきかけて症状を改善していくものです。
更年期障害の症状が出始める40代以降には、他にも病気になりやすい年代です。この年代の方にとっては、漢方でからだ全体の調子を整えるという方法が最適かもしれません。

更年期障害のツラさを解消!ハッピー★ミドルライフ
更年期障害のツラさを解消!ハッピー★ミドルライフ
ページトップへ